小児矯正

HOME > 自由診療 > 小児矯正

お子様の歯並び治療

顎(あご)を育てる子供の矯正「歯列育形成」

アップル歯科の小児矯正

小児矯正の種類・費用・期間
小児矯正中の子供

お子様の歯並びが気になる方へ

お子様の歯は、生後7ヶ月ごろから生え始め、約2歳半ぐらいで20本の乳歯が生え揃います。歯が生えると心配になってくるのが「虫歯」、そして歯が生えそろうと気になるのが「歯並び」です。

赤ちゃんの成長は早いもので、気がつけば1本・2本と歯が生え始めますが、実は歯だけではなく顎も成長しています。この顎の成長が実は将来的な歯並びやお口の健康にとって、大きな影響を与えます。

顎の成長が適切でなければ、歯が列ぶスペースが確保できず、歯並びや咬み合わせに問題が生じる原因となります。そのため、歯が生え揃ったら、顎の成長を育む食べ物を与えたり、歯並びに影響する習癖を改善したり、歯並びや咬み合わせに問題がないか経過を観察していく必要があります。

その上で顎の成長に問題があった場合、顎の成長を助けながら歯並びを改善する目的で歯科的な介入を行う方法を「歯列育形成」と言い、顎の適切な成長に合わせて歯並びをキレイにします。

咬合育形成

小児矯正について

歯列育形成は6歳から12歳までの「混合歯列期」という乳歯と永久歯が入り混じった咬み合わせの際に行なう小児矯正のことで、Ⅰ期治療(永久歯が生え揃ってから行う矯正はⅡ期治療)と呼びます。歯列育形成は顎を成長させる治療ですが、これに合わせて歯を移動させたりキレイに並べるお手伝いをする治療を含めて行うお子様の矯正を、小児矯正と呼んでいます。

小児矯正は、歯科医師によっては「しない方が良い」という先生もおられます。これは、小児矯正をしても成人になってから矯正が必要になったり、子供の貴重な時期に負担をかけるぐらいなら、時間やお金をかけてまでする必要はないという考え方もあるためです。

しかし、小児矯正は骨格を変えることのできる稀有な治療です。そのため、例えⅡ期矯正が必要になる可能性があっても、その際抜歯の可能性を下げたり、そもそも成人矯正の必要性がなくなるのであれば、検討するべき治療です。

当院では、お子様の現状に応じ、Ⅰ期矯正をした方が良いと考えた場合に限り、保護者の方と相談の上治療するかどうかを決めていただきます。

矯正相談を受ける親子

大人の矯正と子供の矯正の違い

最近では、日本でも歯並びに対する意識がかなり高くなってきており、大人でも矯正する方が増えてきています。更に、矯正装置自体も、マウスピース型のように目立たず痛みが少ないものが主流となってきてこともあり、歯列矯正は大人にとっても身近なものとなりつつあります。

では、大人の矯正と子供の矯正では、何が違うかというと、大人の矯正は歯をキレイに並べるためにスペースを作る矯正となり、子供の矯正は歯がキレイに並ぶために顎を広げる矯正がメインとなります。

大人になると、人の顎の大きさは広げることはほとんどできません。そのため、歯が並ぶスペースがない場合は、抜歯をしたり、歯を削ったりする必要があります。しかし、子供の場合少し力をかけてあげることで成長とともに顎を広げることができます。つまり、大人は決まった枠の中に歯を並べるのに対し、子供は歯が並ぶ枠を作る矯正ということになります。

ワイヤー矯正

大人の矯正装置

拡大床

子供の矯正装置

小児矯正を始めるタイミング

歯列矯正が必要かどうかは、混合歯列期という乳歯と永久歯が入り混じった時期に検討します。年齢定期には5~12才の間で、いつスタートするかは個人差や咬み合わせによって異なります。

基本的には前歯が2本ずつと、第一大臼歯という前から数えて6番目の永久歯が生えた段階がスタート時期です。10歳を超えると、顎の成長が止まることもあるため、開始時期を見落とさないためには定期的に検診に通うことを推奨します。

ただし、反対咬合に限っては乳児期から始めたほうが良い場合もあります。受け口が気になる場合や、ご両親のどちらかが反対咬合や受け口の場合は、早めにご相談ください。

矯正を始めるタイミング

なぜ歯並びは悪くなる?

歯並びが悪くなる原因

不正咬合になってしまう理由は、主に2つにわけられます。

先天的な原因

遺伝や骨格が原因とされる不正咬合です。ご両親のどちらかや祖父母、兄弟が不正咬合の場合、お子様にも遺伝する可能性が高いです。

親子

後天的な原因

習癖(癖)や発育不良が原因となる不正咬合です。舌癖や爪噛み・指しゃぶり、頬杖などの癖が原因で咬み合わせが狂ったり、硬いものを食べないために顎が成長しないことが原因となることもあります。

指しゃぶり

後天的な原因で不正咬合になる場合、早めに対処することで改善が見られたり、トレーニング矯正により正常な顎の発育を促すことができる可能性もあります。先天的な原因の場合、矯正治療で改善できる場合もありますが、状態によっては外科矯正という顎の骨を切る手術を将来的に受けなければ改善が難しい場合もあります。

悪い歯並びとその影響

歯並びが悪いと、どんな影響がある?

叢生

(そうせい)

叢生のイメージ

ガタガタの歯並びでガチャ歯・乱ぐい歯とも言います。八重歯も叢生の一種です。叢生は歯磨きが難しい不正咬合で、虫歯や歯周病リスクが高い咬み合わせです。

上顎前突

(じょうがくぜんとつ)

上顎前突のイメージ

上顎前歯が前に飛び出た「出っ歯」と言われる不正咬合です。口が閉じられないために口腔内で細菌が繁殖しやすかったり、前歯を怪我しやすいというリスクもあります。

下顎前突

(かがくぜんとつ)

下顎前突のイメージ

下顎が前に突出した「受け口」や「反対咬合」と言われる不正咬合です。咀嚼や滑舌に影響するばかりか、将来的に歯を失うリスクの高い咬み合わせです。

開咬

(かいこう)

開咬のイメージ

前歯で噛めず、奥歯でのみ噛んでいる不正咬合です。口呼吸になりやすく、虫歯や歯周病だけでなくウィルスも口から吸引しやすい状態です。将来的に奥歯が壊れるリスクが高いです。

空隙歯列

(くうげきしれつ)

空隙歯列のイメージ

歯と歯の間に隙間が空いた「すきっ歯」とも言われる不正咬合です。隙間に食べかすがつまりやすいため虫歯や歯周病リスクが高く、隙間から空気が漏れて滑舌に問題が出る人もいます。

過蓋咬合

(かがいこうごう)

過蓋咬合のイメージ

深い咬み合わせで、下顎の前歯がほとんど見えない咬み合わせです。顎関節症リスクが高く、奥歯にダメージが溜まりやすいため奥歯が壊れやすい不正咬合です。

小児矯正のメリット・デメリット

小児矯正のメリット
  • 将来的なコンプレックスを早めに改善してあげることができる
  • 虫歯や歯周病のリスクを下げることができる
  • 咀嚼や発音への悪影響を防ぐことができる
  • 口呼吸を防ぐことで口腔内へのウィルスの侵入を防ぎ、風邪・感染症を予防する。
  • 将来的に抜歯矯正になるリスクを下げられる
小児矯正のデメリット
  • お子様や親御さんに負担や手間をかける
  • 矯正中は虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまう
  • 歯根吸収などの偶発症を起こすリスクが有る
  • 費用や定期的な通院をするという煩わしさがある
  • 小児矯正をしても成人矯正が必要になることもある
この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤詩です。

健康な歯並びを育むトレーニング矯正

マウスピースを使った健康なお口づくり

癖(くせ)がお子様の歯並びを悪くする

歯並びや咬み合わせが悪くなる原因の一つに「習癖(しゅうへき)」というものがあります。

わかりやすい言葉でいうと「くせ」のことで、例え両親の歯並びがキレイでも、くせによってお子様の歯並びが悪くなる場合があります。

お子様の歯並びが悪くなるくせは「舌癖」「指しゃぶり」「爪噛み」「口呼吸」「逆嚥下」「頬杖」などです。悪習癖のうちいくつかは意識的やらないようにすることはできますが、舌癖や口呼吸、逆嚥下のように無意識下で行ってしまうももあります。

トレーニング矯正装置とは

トレーニング矯正は、お子様の歯並びに影響する舌癖口呼吸逆嚥下などの悪習癖に対し、口周りの筋肉を装置によってトレーニングすることで改善し、歯並びの改善・健康的な顎の成長を促します。

一般的な矯正装置と違って、マウスピースを使った矯正ですので、お子様にとっても負担の少ない矯正です。

すべての不正歯列に有効な矯正装置ではありませんが、悪習癖が原因の歯並びには大きな効果を期待することができます。

トレーニング矯正に加え、MFTというお口周りの筋肉のトレーニングや、通常の小児矯正を併用する場合もありますが、トレーニング矯正装置だけでも不正咬合が改善するお子様もおられます。

歯並びを悪くする悪習癖

口呼吸

口呼吸は舌が下顎に位置するため筋肉バランスが崩れ上顎の骨が短くなり、口が閉じにくくなったり出っ歯になります。

舌癖

舌を歯に常に押し付けることで前歯に隙間が開いたり、上顎前突(出っ歯)の原因になります。

逆嚥下

舌を前に出しながら、もしくは舌で前歯を押しながら飲み込むことで歯並びが悪くなる原因となります。

指しゃぶり

指を吸う力によって上阿木の歯列が狭くなり、上顎前突(出っ歯)や開咬(ポカン口)の原因となります。

頬杖

頭を下顎に当てた手で支えることで下顎の歯が内側に入り、咬み合わせにズレが相たり顎変形症の原因になります。

爪噛み

硬い爪をかみ続けることで歯の根が短くなったり、下顎前歯を使って爪を噛み続けると下顎前突を助長します。

トレーニング矯正装置は小児矯正の一部

トレーニング矯正装置は、主にお口周りの筋肉を鍛えることで、悪習癖を改善し、正常な歯並びを導くための矯正装置です。

トレーニング矯正装置だけで、歯並びを改善することもできますが、習癖は改善しても正常咬合までには至らないケースがほどんどです。

アップル歯科では、このトレーニング矯正を小児矯正の一部として取り扱っています。習癖を改善し、正常なお口の成長を助け、その上で顎を拡げたり歯を動かすことで、お子様の健やかで美しく、機能的な咬み合わせへと導きます。

トレーニング矯正装置の種類と費用

種類 説明 料金

マイオブレイス
舌の位置・嚥下を正しく導き、鼻呼吸を促すためのマウスピース型矯正装置です。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 440,000円〜(税込)

プレオルソ
乳歯列期を対象としたマウスピース型トレーニング矯正で、日中1時間と就寝時の使用で口周りの筋肉を鍛え、乳歯の一をコントロールします。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 440,000円〜(税込)

ムーシルド
幼児期に使用する受け口を改善するマウスピースで、主に就寝時に着用します。 1装置88,000円(税込)
この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤詩です。
a

阪急伊丹駅前の歯医者 アップル歯科伊丹駅前

  • 〒664-0858 兵庫県伊丹市西台1丁目1番1号 伊丹阪急駅ビル4階
  • お問い合わせ072-783-5777
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。

診療時間

曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 阪急伊丹駅 改札から徒歩30秒 3Fエスカレーターを登ってすぐ!
  • JR伊丹駅 から徒歩10分
  • 伊丹市営バス 各系統「阪急伊丹駅」下車 伊丹リータへ徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 県道189号より緑ヶ丘中央線へ入り伊丹リータ駐車場入口へ
  • 提携駐車場サービス有(伊丹リータ駐車場のみ:1時間分)

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 伊丹市周辺の歯科

アップル歯科伊丹駅前

アップル歯科伊丹駅前
  • 伊丹市西台1-1-1 伊丹阪急駅ビル4階
  • TEL072-783-5777

兵庫県 尼崎市周辺の歯科

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺の歯科

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

大阪市北区 梅田周辺の歯科

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目3−9 EXCEL UMEDA 2F
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺の歯科

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

枚方市 樟葉周辺の歯科

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号 京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

兵庫県 明石市周辺の歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺の歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2023 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top