伊丹の矯正歯科

アップル歯科の歯列矯正

歯列矯正の特徴
歯列矯正の特徴
HOME > 自由診療 > 伊丹の矯正歯科

アップル歯科の歯並び矯正治療

しっかり噛めて、見た目も美しい歯

歯並矯正でお口の健康と美しい歯並びを

伊丹市で歯列矯正なら

アップル歯科の歯列矯正は、咬み合わせを整えお口の健康と美しい歯並びになる、しっかり噛めてキレイな矯正治療を目指しています。

矯正装置は ワイヤー矯正(マルチブラケットシステム)・リンガル(舌側)矯正
マウスピース矯正(主にインビザライン)
他、多様な装置から患者様のご要望を踏まえてご提案します
費用は ワイヤー矯正 標準治療費税込71.5万円+調整料月5,500円
もしくはトータルフィー(調整費込)93.5万円(税込)
マウスピース矯正 前歯のみ44万円・中等度66万円・全顎88万円(税込)
一括・分割・120回までのデンタルローンがあります
矯正医は 日本矯正歯科学会認定医と、担当医の2名が歯並矯正と歯の健康の両面から診させていただきます
歯並び相談は 歯列矯正は無料相談を承っております
場所は 阪急伊丹駅ビルの4階です
ご予約は お電話もしくはWEB予約(初めての方専用)からご予約をお待ちしています。
矯正シミュレーション説明風景

歯列矯正の目的

日本人は歯並びが多い人が多いと言われています。過去の調査でも10人に1人にすきっ歯が見られ、4人に1人に叢生があり、(オーバージェット4mm以上を前突傾向と仮定した場合)2.5人に1人が出っ歯の傾向が見られたという結果(※1)があります。

それでも中には「歯並びぐらい悪くても困らない」という方も少なからずおられます。実はこれが大きな勘違いで、実は歯並びが悪いと困ることが多いことをご存知無い方が多くおられます。

2005年に行われた調査(※2)では、80歳で20本以上の歯を残している「8020達成者」の咬み合わせを調査したところ8割が正常咬合で、不正咬合である受け口や開咬(ポカン口)の達成者は0%であったという結果が出ています。この結果かからもわかるように、「歯並びぐらい」と思っていても、不正咬合は将来歯を失い、美味しいものをしっかり噛んで味わえないばかりか、咀嚼ができずに消化器官の健康に影響したり、認知症になる可能性が高くなる(※3)こともわかってきています。

歯並び治療は、見た目の改善も重要ですが、それ以上に良好な咬み合わせを得ることが大きな目的となります。

歯で悩むお年寄り

※1)叢生のある者は約26%(表23、図23)、歯列に空隙のある者は約10%(表24、図24)であった。

※2)上下顎前歯の前後的関係は正常84.6%,上顎前突15.4%,反対咬合0%であった。垂直的関係は正常86.5%,過蓋咬合13.5%,開咬0%であった。

※3)Women, older subjects, and subjects with fewer teeth present had relatively higher percentages of Alzheimer’s disease (p<0.001). In particular, 16.4% of subjects aged 85 years or older and 6.9% of subjects with 1–9 teeth present had Alzheimer’s disease.(女性、高齢者、歯の本数が少ない被験者では、アルツハイマー病の割合が相対的に高かった(p<0.001)。特に、85歳以上の被験者の16.4%、歯の本数が1~9本の被験者の6.9%がアルツハイマー病であった。)

歯列矯正が推奨される悪い歯並びの例

上顎前突

上顎前突のイメージ

上顎の前歯が飛び出している

上顎の前歯が前に突出した咬み合わせで、出っ歯と呼ばれたり、口元がゴボッと前に出るために口ゴボとも呼ばれます。口呼吸や口腔乾燥、前歯の損傷リスクが高い咬み合わせです。

下顎前突

下顎前突のイメージ

下顎が上顎より前に出ている

下顎の歯が上顎の歯より前に出ている咬み合わせでです。受け口とも言われ、顎が前に出ている容姿になるためしゃくれとも言われます。将来的に咬み合わせが崩れやすい不正咬合です。

叢生

叢生のイメージ

歯がデコボコに並んでいる

歯が重なったりデコボコに並んでいる咬み合わせで、八重歯もこの叢生の一つです。清掃性が悪く虫歯や歯周病リスクが高くなったり、特定の歯に負担がかかりやすくなります。

開咬

開咬のイメージ

前歯で噛めない

噛んでも前歯が当たらず、奥歯だけが当たる咬み合わせです。前歯がつねに開いているため、ポカン口と言われ、奥歯でのみ咀嚼・咬合するため、経年とともに奥歯が壊れやすい不正咬合です。

過蓋咬合

過蓋咬合のイメージ

深い咬み合わせ

上顎の前歯が下顎の前歯を深く覆った咬み合わせで、ディープバイトとも言われます。顎関節症になりやすい咬み合わせで、笑うと歯茎が見えるガミースマイルを併発しやすい不正咬合です。

空隙歯列

空隙歯列のイメージ

歯に隙間が空いている

歯と歯に隙間が開いた咬み合わせで、すきっ歯と言われます。そのうち前歯に隙間があるものを正中離開といいます。空気が抜けて発音に影響したり、食物が詰まりやすい咬み合わせです。

矯正した方が良いか迷われている方へ

歯並びが気になり、矯正したいけどなかなか踏み出せないという方は、大勢いらっしゃいます。しかし「相談してしまったら、矯正しないといけない」「費用がいくらかかるかわからない」「何年も治療にかかるのは不安・無理」など、様々な理由で相談もできない方がいらっしゃるようです。

そんな方は、矯正無料相談をご利用ください。相談したからといって、必ずしも矯正を始めなければならないわけでもなく、費用や期間・矯正治療の内容を聞いてから治療するかどうかを決めることも可能です。まずは話を聞いて、矯正治療をするかしないか、ご検討ください。

無料相談をご希望の方はご予約時、WEB予約ならご要望欄に「無料矯正相談希望」とご入力頂くか、お電話なら「無料矯正相談の予約」とお伝え下さい。(無料相談と通常の矯正相談では内容が異なります)

歯を鏡で見て悩む女性
この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤詩です。

矯正装置の種類について

アップル歯科で取り扱っている矯正装置

咬み合わせの状態やご要望に応じてお選び頂けます。

ワイヤー矯正(マルチブラケットシステム)

マルチブラケットという装置を歯の表面につけ、そこにワイヤーを通して歯に矯正力をかけて歯を移動させる矯正装置です。

これまでの矯正治療で、最もスタンダードに使用されてきた矯正方法ですが、その技術や装置は年々進化を続けているため、治療時の痛みや治療期間は、昔に比べかならり軽減してきています。

当院ではクリアブラケットという半透明のマルチブラケットがスタンダードで、昔の銀色の装置に比べればかなり目立ちにくくはなっています。歯に凹凸のある突起を着けるため、違和感は多少ありますが、様々な症例に対応可能な応用力のある矯正装置です。

ワイヤー矯正のイメージイラスト

舌側矯正(リンガルブラケット)

歯の裏側につけるワイヤー矯正です。正面から見ると矯正装置は殆ど見えません。

ブラケットやワイヤーは完全オーダーメイドで、歯型からあなたに合った装置をコンピューターで解析して作成されます。

正面・歯を閉じた状態での見えにくさに優れていますが、内側に装置が着くために滑舌に影響が出たり、違和感も表側の矯正装置に比べ大きくなります。

舌側矯正のイメージイラスト

マウスピース矯正(インビザライン)

ほぼ透明のマウスピース型の矯正装置を使った矯正です。iTeroという光学式口腔内スキャナーで歯の状態を読み取り、そのデータからステージごとに歯を少しずつ動かせるマウスピースを作成し、それを順に使用していきます。このマウスピース矯正は現在の歯に対し少しズレができるように設計されており、このズレに向かって歯に圧力が加わることで1枚のマウスピースにつき約0.25mm~0.35mm歯を動かします。

数年前までは治療可能とされる症例も限られていましたが、現在では多くの症例に対応可能となり、当院では現時点で最も選ばれている矯正装置です。

インビザラインのイメージイラスト

矯正装置の比較

→へスワイプして比較←

装置の種類 マルチブラケット矯正 裏側矯正 マウスピース矯正
目立ちやすさ ワイヤー矯正の正面からの見た目

遠目では見えにくいです。

舌側矯正の正面からの見た目

正面からは見えません。

マウスピース矯正の正面からの見た目

ほとんど目立ちません。

治療期間 1.5年~3年 2年~3.5年 前歯用 6ヶ月〜1年
全顎 2年~3年
痛みや違和感 やや強い 強い 少ない
メリット
  • 様々な症例に対応している
  • 微調整が得意で細かな歯の移動もできる
  • 他の矯正装置に比べコストを抑えられる
  • 正面からでは矯正していることがわからない
  • 通常のワイヤー矯正に比べ虫歯リスクが低い
  • 日常生活では気づかないレベルで目立たない
  • 痛みが少なく口腔内の傷や口内炎などのトラブルも少ない
  • 取り外し可能で手入れも簡単
デメリット
  • 他の装置に比べると目立つと言える
  • ワイヤーやブラケットによる傷や口内炎が出来ることがある
  • ブラケット部分が食物によって着色しやすい
  • コストが最も大きい
  • 痛みや違和感が強い
  • 舌側に装置があるため滑舌に影響する
  • 装着時間を守れなければ成功しない
  • マウスピース矯正では治療が難しい症例もある
  • 細かな調整はワイヤー矯正ほど得意ではない
費用 最も費用を抑えられる
税込77万円〜※別途調整費
トータルフィーの場合は税込93万5,000円 ※詳細
最もコストが高い
税込154万円〜
※別途調整費
詳細
現在の咬み合わせによる
税込44万円・66万円・77万円
※トータルフィー
詳細

矯正装置は選べるの?

ご希望の矯正装置は現在のあなたの咬み合わせがご希望される装置の適応症例であれば選んで頂けます。

また、「目立たない装置が良い」「できる限り早く治療を終えたい」「費用を抑えたい」など、ご要望に応じた提案いたします。

ただ、中には患者様がご希望される装置が、実際に患者様が求められる結果を得られないものもあります。例えば「人前で話す仕事なので目立たない矯正装置がいいので舌側矯正をしたい」というご要望の場合、舌側矯正は滑舌に影響が出やすいため、マウスピース矯正の方が患者様にとって適切な選択となります。ですから当院では、患者様のご要望に応じて歯科医師からの提案を受け、相談して決めていただきます。

矯正相談の風景

下記にない矯正装置をご希望の場合はご相談下さい。

矯正治療の費用と種類

矯正治療は公的医療保険が適用されない自由診療です

全顎矯正

ワイヤー矯正

クリアブラケット
  • 全顎700,000円
  • 税込770,000円
  • デンタルローン:月々7,500円〜(2回目以降)
  • 半透明の目立ちにくいブラケット
  • クリアブラケットという透明のブラケットを使用する歯列矯正です。ブラケットが透明なため目立ちにくくなっています。調整料のいらないトータルフィー935,000円(税込)も選べます

舌側矯正

舌側矯正
  • 全顎1,400,000円
  • 税込1,540,000円
  • デンタルローン:月々15,000円〜(2回目以降)
  • 歯の裏側にする舌側矯正
  • 装置が正面から見えない矯正装置。コンビネーション(下顎はマルチブラケット装置)の場合121,000円(税込)。

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置
  • 全顎600,000〜1,000,000円
  • 税込660,000〜1,100,000円
  • デンタルローン:月々6,400円〜(2回目以降)
  • 取り外し可能なマウスピース型矯正装置
  • 取り外しができて周囲からも気づかれにくいマウスピース型矯正。マウスピース型矯正装置は調整料のいらないトータルフィーです。(専門診断を受診する場合はプラス税込77,000円)

通常の症例よりも歯を並べることが難しい難症例の場合、お見積り時に11万〜33万円(税込)の難加算が必要になることがあります。

部分矯正

マウスピース矯正(前歯)

インビザラインGo
  • 全顎400,000円
  • 税込440,000円
  • デンタルローン:月々4,200円〜(2回目以降)
  • 半透明の目立ちにくいブラケット
  • 5番目〜5番目のまでを、最大20枚のアライナーで歯を並べるマウスピース型矯正装置です。適応には限りがあります。

マウスピース矯正(部分)

インビザラインエクスプレス
  • 両顎327,000円 片顎255,000円
  • 税込359,700円 片顎280,500円
  • デンタルローン:月々3,000円〜(2回目以降)
  • 半透明の目立ちにくいブラケット
  • 軽微な叢生や矯正治療後の後戻り症例などに適した最大7枚までの部分的な治療に適したマウスピース型矯正装置です。

分割でお支払いが可能です

アップル歯科クリニックではお支払回数に応じて3つの分割プランを選べます。

アップルらくらく分割プラン

支払回数10回まで(矯正以外は5回)

金利0

デンタルローン等を契約せず、医院で分割・お支払いをするプラン

※金利・手数料は発生いたしません。

アップル金利0円プラン

支払回数20回まで(均等分割)

金利0

金利0円でお得にデンタルローンを契約するプラン

※金利・手数料は発生いたしません。

アップルスマイルプラン

支払回数120回まで

実質年率3.2%

ゆとりあるお支払回数でデンタルローンを契約するプラン

※金利・手数料が発生いたします。

その他にも、お手持ちのクレジットカードによる分割払いも可能です。分割手数料等についてはカード会社にお問い合わせください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤詩です。

歯列矯正に伴うリスク

矯正治療の注意点

歯列矯正をご検討中の方へ

歯並びを美しくし、しっかり噛めて虫歯や歯周病に罹りにくいお口を手に入れる歯列矯正ですが、医療である以上、メリットやベネフィットがあればデメリットやリスクがあります。

また、医学的なリスクだけではなく、「思っていた顔の変化になっていない」「矯正をしたのに見栄えが悪くなった」など、見た目の問題で矯正治療をしたことを後悔されてしまう方もおられます。

しかし、これらのデメリットやリスクは、全てが偶発的に起こるわけではなく、予防や回避の手段がある場合もあります。

矯正治療を始める前に、「治療が始まったら気をつけること」をしっかり聞き、治療後どんな顔貌の変化が予測されるのかを、しっかり歯科医師と相談することで、できる限りデメリットやリスクを避けましょう。

矯正シミュレーション説明風景

矯正治療のリスク

虫歯や歯肉炎のリスク

ワイヤー矯正の場合、装置の凹凸や歯と装置の接着面に食べかすやプラーク(歯垢)が溜まりやすくなるため、虫歯や歯肉炎・歯周病に罹患するリスクが高まります。マウスピース型の装置の場合は、長時間マウスピースが歯を覆うため、歯が唾液に触れる時間が短くなり自浄作用の働きが悪くなったり、食べかすがつまったままマウスピースを装着することで、マウスピース内で細菌の活動が活発になることがあります。

毎食後のセルフケアと、定期的なクリーニングが重要になります。

口内炎や粘膜の傷

ワイヤー矯正の場合、矯正器具(ブラケットやワイヤー)が擦れることによって、粘膜に傷がついたり口内炎ができやすくなることがあります。

粘膜と器具が干渉する部分を矯正用ワックスで保護することにより、口内炎や傷ができるリスクを抑えましょう。また、ワイヤーが飛び出してしまったなど、矯正器具に不具合が起きた場合は、担当医に連絡し、調整してもらう必要があります。

顎関節症のリスク

咬み合わせを考慮した治療の場合、治療中や治療後に顎関節症を発症するリスクは高くありませんが、顎関節症の既往がある場合や顎関節が弱い方は、関節に異常が起こることがあります。顎関節症の症状が出た場合、先に顎関節症の治療をする必要があります。

顎に違和感がある場合は、早めに担当医にお知らせください。

歯根吸収のリスク

矯正治療では持続的な力を歯に加えることで、歯根膜という歯のクッションのような組織に新陳代謝を促して歯を移動させます。しかし、歯に加える力が強すぎるとこの新陳代謝が追いつかず、歯の根が骨に吸収されて短くなる「歯根吸収」を起こす場合があります。

歯肉退縮のリスク

強すぎる矯正力をかけると歯槽骨という歯を支える骨が吸収され、歯茎が下がることがあります。また、重なったりねじれていた歯が並ぶことで、歯と歯の間の歯肉が引き伸ばされ、歯が長くなったように見えたり、ブラックトライアングルという歯と歯肉の間に黒い三角の隙間ができることがあります。

その他の注意点

  • ガムやキャラメルは装置の障害となる場合があります
  • クリアブラケットは、コーヒー・カレー等により着色しやすく、矯正装置の色・見た目を損なうことがあります
  • 矯正装置を装着した時・ワイヤー交換・マウスピース交換後は痛みや引っ張られているような感じを受けやすくなります
  • 調整日にお越し頂けない場合、矯正治療の進行が遅くなったり、治療期間が長くなることがあります
  • 親知らずが歯並びに影響したり、顎関節症の原因となる場合には抜歯することがあります
  • 歯の根と骨が直接結合している(=骨性ゆ着)場合は、歯が動かないことがあります
  • 治療後、歯の表面にわずかなひび割れ(クラック)が生じることがあります
  • ワイヤー矯正の場合、体質により金属アレルギーを引き起こす事があります
  • その他、個別のリスクや偶発症を起こす可能性があります

これらは全てが全員に当てはまるリスクではありません。歯科医師から指示を守り、歯科衛生士による歯磨き指導・クリーニングをきちんと受けることで多くのリスクは軽減できます

この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤詩です。

歯並び矯正治療のQ&A

歯列矯正についてよくある質問と回答

Q.大人になってからの矯正は何歳から受けられますか?
A.基本的にはすべて永久歯に生え変わった段階で成人矯正という歯を並べる矯正が可能になります。子供の矯正と違って、開始する年齢に目安はありませんが、矯正治療に対するモチベーションが高い時期が良いかと思います。部活動や受験・就職など、タイミングを考えて行いましょう。
ただし、顎の成長は考慮する必要があります。顎は成人後数年間も少しずつ成長を続けますが、概ね17歳頃からは大きな成長は終わります。顎の成長を加味した治療計画を立てたり、顎の成長の終わりを待って矯正を始めるなど、歯科医師と相談して決めましょう。
Q.歯列矯正は何歳まで受けられますか?
A.歯列矯正に年齢の上限はありません。40歳でも50歳でも並べる歯があれば矯正治療は可能です。近年では、デンタルIQ(歯に対する知識や意識)の高まりもあり、予防的観点から歯列矯正を始める中高年層の方も増えてきています。「本当は若いときにしたかったが、親がお金を出してくれなかった」「昔からずっとコンプレックスだった」「矯正したかったけど、仕事が忙しくお金もなかった」など、矯正に興味はあったけど様々な理由でできなかった方が、時間やお金に余裕ができたタイミングで矯正治療を始めれています。
また、若年層では特に大学や専門学校の入学に矯正治療を始められる方もたくさんおられます。「矯正を始めたい」と思ったタイミングが始めどきです。
Q.歯列矯正は痛いって本当ですか?
A.痛いと感じる人もおられます。ワイヤー矯正などは装置をつけた直後やワイヤーを張り替えた後、3日程度痛みを感じることもあります。また、装置が破損したりワイヤーが切れたときなどに、口腔内に傷が付いたり口内炎ができることがあります。
マウスピース矯正はアライナー(マウスピース)の交換直後に、引っ張られるような感覚があると言う方が多いですが、ワイヤー矯正に比べれて痛みは弱いと言われています。
最も痛みが大きいと考えられるのは舌側矯正で、中には途中で装置を表側のものに変えてほしいと言われた方もいらっしゃいました。
Q.矯正治療はどれぐらいの期間が必要ですか?
A.現在の咬み合わせによって期間はまちまちですが、最短半年、平均2〜3年程度となります。例えば前歯だけのマウスピース矯正の場合、枚数が20枚なので半年程度で終わります。ワイヤー矯正や全顎のマウスピース矯正の場合は2年程度、長くかかる方で3年程度かそれ以上かかる方もおられます。
歯が動く距離は、1ヶ月に1ミリ程度と言われていますが、これらは咬み合わせによって動く距離が異なったり、骨の状態によって少しずつスピードも異なります。そのため一概に期間を言い当てることはできませんが、検査をすれば概ねの期間は読み解くことができます。傾向としては、若い方のほうが早く動く場合があります。
Q.差し歯があっても矯正はできますか?
A.はい。可能です。差し歯も歯根が残っていますので動かすことができます。ただし、矯正治療後に差し歯の被せを作り替えが必要になることもあります。
ただし、インプラントは矯正治療では動きません。欠損補綴でインプラント治療を検討されている場合は、矯正治療後にインプラントを埋入することになります。
Q.矯正治療中は食事制限がありますか?
A.ガムやキャラメルは控えていただく場合があります。その他、カレーやコーヒー、紅茶などは着色の原因となりますので、回数を減らしていただいた方が良いかと思います。
着色と言っても、矯正装置そのものが着色するわけではなく、装置の一部で使用するゴムや樹脂製の器具がうっすら色づくものです。汚れ自体は歯磨きで落ちますので、しっかり食べかすを落としていただければ、着色していても矯正治療に影響を及ぼすものではありません。見た目が気にならなければ口にしていただいて結構です。
実際に治療をされている方には、装置の部品を交換する「調整日の前日」にカレーするなど工夫をさている方もおられます。
Q.矯正治療の費用は分割できますか?
A.はい。分割可能です。基本的に自由診療は分割でのお支払いが可能ですが、矯正治療は長めに分割いただくことが可能です。分割払いは原則として、治療終了時までに全額お支払いただくことが条件となりますが、矯正治療は期間が長いため、分割回数を10回まで設けさせていただいています(初回は2回分)。
それよりも細かく分割をご希望される場合は、デンタルローンをご利用いただくことで、最高120回まで分割可能となります。また、20回までのデンタルローンの場合、金利手数料がかかりません。
※ただし金融機関との契約となるためご利用には審査が必要です。
Q.矯正しても元に戻るって本当ですか?
A.後戻りのリスクはあります。矯正治療で動かした歯は、矯正装置を外した瞬間から元の位置に戻ろうとする力が働きます。また、舌の癖がある場合は、舌で押すことで歯が動いてしまうこともあります。矯正治療後しばらくは骨がまだ動きやすいため、矯正治療後にはリテーナーという保定装置をしばらく着けていただく必要があります。
保定期間は概ね矯正期間と同程度となります。万が一後戻りが始まったと感じたら、お早めにご相談にお越しください。
Q.矯正治療の装置は選べますか?
A.はい。こちらがご提案した選択肢から選んでいただくことができます。もちろん希望は考慮しますので、ご希望の装置がありましたら、予めご相談ください。
ただし、それぞれの装置には適応症例というものがある場合があります。その装置での治療が難しい場合は、ご希望どおりの装置では歯がきれいにならばないため、お選び頂けないこともあります。 詳しくは歯科医師と相談の上ご検討ください。
この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤詩です。

【自由診療】|歯列矯正の費用

歯列矯正メニューの料金

種類 説明 料金
パノラマレントゲンの出力画像
精密検査
治療計画の立案のために必要な資料を採得します。精密検査では症状やご要望に応じて、模型、口腔内写真、顔貌・口元の写真、10枚法レントゲン、パノラマレントゲン、セファログラム、顎関節パノラマ、フェイスボーマウント、歯科用CT、姿勢の写真などから資料を採得します。 30,000円
税込33,000円
※矯正治療費に含まれています。

マウスピース矯正
インビザライン
透明で目立ちにくいマウスピース矯正です。また、取り外しも容易にできるため、お口の清掃性にも優れています。複数枚のアライナーと呼ばれるマウスピースを段階ごとに付け替え、咬み合わせを整えていきます。
マウスピースの材料は厚生労働省の認可を得たものですが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
治療期間…2〜3年、治療回数…10〜15回
※マウスピース矯正は調整料が含まれたトータルフィーです。
両顎600,000〜1,000,000円
税込660,000円〜1,100,000円
※中等度600,000円(税込660,000円)
※中等度以上800,000円〜1,000,000円
(税込880,000円〜1,100,000円)


※精密検査33,000円(税込)含む
※ホワイトニング込(希望者)
マウスピース矯正
専門相談
別途必要に応じて専門相談が必要になる場合があります。 軽度30,000円
税込33,000円
中等度50,000円
税込55,000円
重度70,000円
税込77,000円

メタルブラケット
金属のブラケットという小さな装置を歯の表面に接着し、ワイヤーを通して歯を引っ張ることで咬み合わせを整える矯正装置です。一般的に広く知られる矯正装置ですが、金属の見た目が目立つというデメリットがあります。
治療期間…2〜3年、治療回数…24〜36回
片顎300,000円
税込330,000円
両顎600,000円~700,000円
税込660,000円〜770,000円
※精密検査料30,000円含む
別途調整料(1回5,000円
税込5,500円 ※1〜2ヶ月に1回程度)
※精密検査33,000円(税込)含む

クリアブラケット
クリアなブラケットを歯の表面に接着し、ワイヤーを通して歯を引っ張ることで咬み合わせを整える矯正装置です。メタルブラケットと同様の矯正装置ですが、透明で目立ちにくくなっています。。
治療期間…2〜3年、治療回数…24〜36回
①調整料都度払い(1回5,000円
税込5,500円 ※1〜2ヶ月に1回程度…700,000円)
税込770,000円
②トータルフィー…850,000円
税込935,000円
※①②選択可
※精密検査33,000円(税込)含む

MTM(部分矯正)
1本~数本だけを動かす部分的な矯正です。軽度の正中離開(すきっ歯)や捻転歯(ねじれて生えた歯)、親知らずの移動などに使用します。適応には限りがあります。
治療期間…4〜6ヶ月、治療回数…5〜6回
100,000円~500,000円
税込110,000円〜550,000円
マウスピース矯正
マウスピース矯正
インビザラインGo
インビザラインの中で審美部位(前歯)に特化したマウスピース矯正です。1番(前歯)から5番目(第二小臼歯)までの歯を矯正するインビザラインGoと、1番〜6番(第一大臼歯)までを矯正するインビザラインGo Plusがあります。インビザラインGoは6・7番、インビザラインGo Plusは7番の歯が咬み合っていることが条件となります。
マウスピースの材料は厚生労働省の認可を得たものですが、インビザラインGo・インビザラインGo Plusは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
治療期間…5ヶ月、治療回数…5〜6回
400,000〜500,000円
税込440,000〜550,000円
※精密検査33,000円(税込)含む
※ホワイトニング込(希望者)
※マウスピース矯正は調整料が含まれたトータルフィーです。
マウスピース矯正
マウスピース矯正
インビザライン エクスプレス
1歯〜2歯程度の軽微な部分矯正や矯正治療後の後戻りに対する再治療等に適したマウスピース矯正です。最大7ステージ、追加も1回程度のライトなマウスピース矯正のプランになります。適応には限りがあります。
マウスピースの材料は厚生労働省の認可を得たものですが、インビザライン・インビザラインGOは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
治療期間…3ヶ月、治療回数…3〜4回
片顎255,000円
全顎327,000円
税込280,500円〜327000円
※精密検査33,000円(税込)含む
※マウスピース矯正は調整料が含まれたトータルフィーです。

舌側矯正
歯の舌側(裏側)にオーダーメイドのブラケットを接着し、ワイヤーを通して歯を引っ張ることで咬み合わせを整える矯正装置です。舌側(裏側)に装着するため、正面からは装置が目立ちにくい矯正装置です。ただし、滑舌に影響を及ぼすため話しづらくなったり、強いお痛みや不快感を覚える方もおられます。
治療期間…2〜3年、治療回数…24〜36回
(両顎)1,400,000 円
税込1,540,000円
(コンビネーション)1,100,000 円
税込1,210,000円
別途調整料(1回5,000円
税込5,500円 ※1〜2ヶ月に1回程度)
※精密検査33,000円(税込)含む
難加算 咬み合わせを整えることが難しい症例の場合は、歯の動きを細かにコントロールする必要があるため、お見積り時に加算させていただくことがあります。 100,000円~300,000円
税込110,000円〜330,000円

挺出
矯正力を使い、歯の根を少し引っ張り出す方法です。 50,000円
税込55,000円

ムーシールド
反対咬合のお子様の治療に使用する、幼少期向けのマウスピース型歯列矯正用咬合誘導装置を使った矯正治療です。
治療期間…3〜8ヶ月、治療回数…4〜10回
1装置80,000円
税込88,000円

調整料
来院ごとの矯正の調整の費用です。通常月に1〜2回程度です。(インビザライン・トータルフィープランの場合は調整費込) 3,000円~5,000円
税込3,300円〜5,500円

咬合育形成
11歳ごろまでのお子様向けの矯正治療です。歯の移動や顎の骨の成長を促す装置を使用することで、永久歯が並ぶスペースを作り咬み合わせを整えることを目的とした治療です。
治療期間…3〜4年、治療回数…36〜48回
400,000円~500,000円
税込440,000円〜550,000円

マイオブレース(T4K)
悪習癖による歯並びの悪化を防ぐ、小児用トレーニング矯正装置装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。
治療期間…3〜4年、治療回数…36〜48回
※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 400,000円〜
税込440,000円〜

プレオルソ
悪習癖による歯並びの悪化を防ぐ、小児用トレーニング矯正装置装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 400,000円〜
税込440,000円〜

歯科矯正用アンカースクリュー
小さなインプラントのようなものを歯ぐきに埋入し、そこをフックにしてワイヤーをかける方法です。通常ではかけられない場所にワイヤーをかけることで歯の動きが早くなります。
(床矯正あるいは歯列矯正用咬合誘導装置終了後に全体矯正をする場合は1装置分の費用は全体矯正の費用の一部とします)
治療回数…1回
20,000円
税込22,000円

リテーナー
矯正治療が終った後、動かした歯は、元の位置に戻ろうとした力が働き、後戻りという現象が起こります。その後戻りを防ぐために着ける装置です。 片顎10,000円
税込11,000円

MFT(筋機能療法)指導
お口の癖を治すための指導とトレーニングを行うことで習癖による咬合の悪化を改善します。 30分/3,000円
税込3,300円

コルチコトミー
歯肉を切開し、歯槽骨に切れ目を入れることにより、矯正のスピードを速くしたり同時に歯周病の改善も行う小手術です。
治療回数…1回
1ブロック100,000円
税込110,000円
フルブロック600,000円
税込660,000円

阪急伊丹駅前の歯医者 アップル歯科伊丹駅前

  • 〒664-0858 兵庫県伊丹市西台1丁目1番1号 伊丹阪急駅ビル4階
  • お問い合わせ072-783-5777
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。

診療時間

曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 阪急伊丹駅 改札から徒歩30秒 3Fエスカレーターを登ってすぐ!
  • JR伊丹駅 から徒歩10分
  • 伊丹市営バス 各系統「阪急伊丹駅」下車 伊丹リータへ徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 県道189号より緑ヶ丘中央線へ入り伊丹リータ駐車場入口へ
  • 提携駐車場サービス有(伊丹リータ駐車場のみ:1時間分)

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 伊丹市周辺の歯科

アップル歯科伊丹駅前

アップル歯科伊丹駅前
  • 伊丹市西台1-1-1 伊丹阪急駅ビル4階
  • TEL072-783-5777

兵庫県 尼崎市周辺の歯科

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺の歯科

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

大阪市北区 梅田周辺の歯科

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目3−9 EXCEL UMEDA 2F
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺の歯科

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

枚方市 樟葉周辺の歯科

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号 京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

兵庫県 明石市周辺の歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺の歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2023 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top